• 働いてみたい職場作り、働き続けたい職場作りのお手伝い

    WEBを活用、人事評価制度の構築サポート

\\このようなお悩みございませんか?//

front page

求人を出しても反応が薄い!

せっかく採用した社員がすぐ辞める!

なかなか人が育たない!

社員のやる気を上げたい!

魅力的な職場作りをしたい!

何から手を付けたら良いか分からない!

今がチャンス!

「人が働きたくなる、魅力的な職場作り」は会社にとってもメリットが多く、本来なら先行投資をしてでも取り組むべきことです。

中でも、教育と評価がしっかりしていることは、社員のモチベーションの向上不満の減少につながり、効果が大きいと言われています。

実際にきちんとした教育、評価制度を運用しているところほど離職率が低いという統計が出ているようです。

そのような取り組みに対して、今なら国が資金的にお手伝いしてくれるので、リスクなく取り組めるすごいチャンスです!

助成金を活用した取り組みをご提案いたします。

「人事評価制度を導入することで支給される助成金」

通常、人事コンサリタントに数十万~数百万円支払って制度整備をする人事制度を、国が整備することで逆に助成金を支給してくれます!

また、そのことが離職率に低下や生産性の向上につながる実績が出た場合はさらに追加で支給されます!

例えば

人事評価制度を導入した場合

一事業所あたり50万円 

目標達成でさらに80万円

「教育体制を整備することで支給される助成金」

どこも、新入社員に対しての実習等行いますが、それをきちんとカリキュラム化して整備することで助成金が支給されます。

本来、きちんとした教育カリキュラムは会社にとってメリットがあることなのでやる価値は十分あります。

例えば

実習にあたるOJTと座学等のOff‐JTに要した時間×760円が支給されます。

例えば合計500時間の実習を3名に行った場合

500時間×760円×3名=114万円となります。

「社員の雇用環境を改善することで支給される助成金」

頑張っているパート社員や契約社員に対して、雇用期間を無くしたり、正社員にしたり、正社員と共通に手当を用意したりすると、その内容に応じて支給されます。

社員の満足度や目標設定にもつながり、離職率の低下にもつながります。

例えば

有期雇用のパート⇒正社員の場合

一人当たり57万円

有期雇用のパート⇒無期雇用のパートの場合

一人当たり28.5万円

ご相談はお気軽に!