キャリアコンサルタントって?

 平成28年4月より「職業能力開発促進法」に基づき国家資格化されたキャリアコンサルタント。まだまだ知らない方も多いと思われますがこれまで民間資格として存在していた「キャリアカウンセラー」「キャリアコンサルタント」が名称独占資格として「国家資格キャリアコンサルタント」となりました。 ここでいうキャリアとは「経歴」、「経験」、「発展」、さらには「関連した職務の連鎖」等と表現され、時間的持続性ないしは継続性を持った概念 とされています。

キャリアコンサルティングとは、 労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導 を行うことを指します。 キャリアコンサルティングを通じて、自分の適性や能力、関心などに気づき、自己理解を深めるとともに、社会や企業内にある仕事について理解する ことにより、その中から自身に合った仕事を主体的に選択できるようになることなどを目的としています。

キャリアコンサルタントの活動領域

キャリアコンサルタントの活動領域には大きく分けると「需給調整機関領域」、「企業領域」、「学校教育領域」があげられます。その働きを「企業外」「企業内」で分けると次のようなイメージになります。

企業外でのキャリアコンサルティング

企業外でのキャリアコンサルティングでは、新卒の学生や離職された方、出産後に再就職を希望する主婦、転職によるキャリアアップを望む方、役職定年で再就職先を探したい方などの求職者に対して、コンサルティングを行い、企業などへの就職をサポートします。対個人への面談によるサポートだけでなく講演や研修での講師などグループへのサポートも行います。

企業内でのキャリアコンサルタント

企業内でのキャリアコンサルティングでは、従業員が職場で直面する問題や悩みを解決する方向へ促し、事業の効率化や従業員のモチベーション向上へと導くこと等にとどまらず、人員配置や教育研修の実施等、組織への働きかけも行います。

キャリアコンサルティングの流れ

キャリアコンサルティングの中心となる個別相談はおおむね以下のような流れで実施され、各Stepではキャリアコンサルタントが専門的な技能を用いてサポートします。